【日中翻譯】南壽あさ子——回遊魚の原風景

最初在半夜戴著耳機聽到這首歌,第一句歌詞一唱出來,流淚滿面。。。
光是聲音就有這種程度的感染力,這位歌手小姐您太OP了吧!(趕快買兩張專輯壓壓驚)
之後每聽一次哭一次。聽到這種溫暖而有包圍感的聲音,會讓我覺得好像正在被自己最依賴的人溫柔地安慰著。
幸好現在已經產生抗體了。。。

不過話說回來,歌詞其實有夠傷感。
這歌名應該不用翻譯吧XD就是字面上的意思。
————————————————————————————————————————

南壽あさ子——回遊魚の原風景

作詞:南壽あさ子
作曲:南壽あさ子
編曲:湯浅篤
編譯:Sam Fisher

海の中で生きる 泳ぐ魚たちは//生活在海裡的 游動的魚兒們
旅立つ船をみて どこへ どこへ行くかしら、と//看見踏上旅途的船 問、要往哪裡 往哪裡去呀

あなたの中にある 踊る魚たちは//在你身體裡的 舞動的魚兒們
ぼくに何も告げずに どこへ どこへ行くの//什麼都沒有告訴我 又要往哪裡 往哪裡去呢

つばめのように飛びたくて 色んな世界をながめてみたい//想要像燕子一樣飛翔 想眺望各色各樣的世界
降り立つ場所に いのちを遂げて//在落地之處 結束此生
いつかまた、ここであいましょう//有朝一日、再在這裡相見吧

明日になれば くだらぬことも//到了明天 又有無聊的事情
いまのぼくにとっては、ひどく つらく思えたりで//對於現在的我而言、會覺得很殘酷 很痛苦

あなたの中にある 清らかな心も//在你身體裡的 清澈純潔的心
たまには ぼくみたいなことを思うでしょうか//偶爾 也會想到像我這樣的人嗎

いま、ここにあるすべては 涙の雨がさらっていった//此刻、在這裡的一切 都由淚水之雨席捲而去
あなたにはもうあえないけれど//雖然已無法再見到你
いつまでも ここで待っている//無論至何時 都等待在這裡

海に臨む街に 残るマザーグースは//臨海的小鎮上 留下來的鵝媽媽
俄に乾く風に そっと、そっと謡うけれど//突然在乾燥的風中 輕輕地、輕輕地唱

あなたの中にある 踊る魚たちは//在你身體裡的 舞動的魚兒們
子供たちのうたごえを きいているでしょうか//正傾聽著孩子們的歌聲嗎

いま、ここにあるすべては 涙の海に還っていった//此刻、在這裡的一切 都回歸了淚水的海洋
あなたにはもうあえないけれど//雖然已無法再見到你
心はいつも、側にいる//無論何時、心都在身旁